モータスポーツの記事一覧

2022/05/10

【F1】マイアミGP(ピット戦略の考察)

セフティーカー時に、ルクレールがピットに入らなかった理由を考えてみた。 見終わったばかりの時には、ルクレールだけでもピットに居れたほうがよかったのではないかと考えたが、録画を見直してみて、ピットの微妙な状況に思いついた。 まず、ルクレールにはハードの新品とソフトの中古が3本だけ存在していた。 そして、ルクレールは第二巣ティントでハードの新品を履いてでたが、タイヤの温めに苦労していた。ピレリのタイヤの特性なのか、今回のハードは中古で、ゲージが薄くなったほうがタイムが出やすい傾向にあった。 そのために、ハードの…

続きを読む

2022/05/02

【F1】2023年に各セッションのタイヤを固定した予選フォーマットを試用

漏れ伝わる感じだと予選フォーマットではなく、タイヤの選択を萎める意味があるようだ Q1をハード Q2をミディアム Q3をソフト あまり意味があるようには思えない。 それなら、予選に入る時点でのタイヤをハード2/ミディアム2/ソフト3に固定して、決勝までこの本数で戦う義務にすればいい。下位に沈んだチームはタイヤが残る。上位チームはタイヤが残らない状況での戦いになり戦略が厳しくなる。10位と11位の問題もQ2タイヤ義務に比べれば小さい。決勝での戦略を考えれば、上位チーム以外はQ1とQ2をソフトで走って、Q3に入…

続きを読む

2022/04/24

【F1】メルセデス、F1スプリントレースで挽回ならず。イモラでの週末は「骨折り損のくたびれ儲け」

メルセデス、F1スプリントレースで挽回ならず。イモラでの週末は「骨折り損のくたびれ儲け」 ラッセルの楽観主義が鼻に着く。別にいいけど、これかは抜きにくいオールドサーキットが増えて来る。路面が悪かったり、トップスピードが無いと抜けないところが増えて来る。それに対応しなければならないのは間違いではない。データがあるから大丈夫だという人もいるが、他のチームは予算も風洞の時間もメルセデスよりも大きい。それに、メルセデスは、トップに返り咲くという目標を持っているのなら、フェラリーやレッドブルをターゲットにしている。彼…

続きを読む
広告

2020/08/26

【F1】今年(2020年)に鈴鹿でF1が開催されていたら・・・

佐藤琢磨のインディ500の優勝を見ていて思ったのだが、今年(2020年)にも鈴鹿でF1が開催されて、インタビュアーを佐藤琢磨が行っていたら・・・。 間違いなく、ハミルトンが”琢磨が指している指輪”を見て、”二つも要らないだろう”や”一つ頂戴”くらいは言った可能性があるだろう。 2017年のインタビューでも似たようなことを言っていた記憶がある。 本当に、今年のF1カレンダーから鈴鹿が消えて・・・。イベントがなくなって・・・。悲しい。

続きを読む

2019/08/27

【インディ】NTTインディカー・シリーズ第15戦マディソン

【インディカー】佐藤琢磨「本当に興奮した」0.0399秒差を守り切り劇的な逆転勝利! 【速報:動画・画像】佐藤琢磨、今シーズン2勝目!/NTTインディカー・シリーズ 佐藤琢磨、優勝!!–2019NTTインディカー第15戦 内容は生地を呼んでもらったほうが良いだろう。 ニュースを見ていて思ったのは、今期二勝目を上げた佐藤琢磨のことを民法各局は報じていない事だ。 たしかに、ここ数日はニュースがてんこ盛りだった事は認めるが、スポーツ特集で流しても良かったのではないか? 日本人が日本メーカーの車で、インディカー・シ…

続きを読む