取得情報の記事一覧

2021/10/17

「映画トロプリ」子供向けの追加入場特典にハート型イヤリング、全国10万個限定

「映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!」より、中学生以下の子供を対象とする新たな入場者プレゼントが発表された。公開日10月23日より「トロピカるハートイヤリング」が配布される。…

続きを読む

2021/10/17

フェルナンド・アロンソの3冠目挑戦は2024年まで叶わない? アルピーヌF1が掲げる「100レースプロジェクト」とは?

フェルナンド・アロンソがアルピーヌで3冠目に挑戦するためには2024年まで待つ必要がありそうだ。少なくとも今後2年間に関してアルピーヌのローラン・ロッシCEOは、チームが一貫して表彰台を狙えるような競争力を発揮する事を期 […]
フェルナンド・アロンソの3冠目挑戦は2024年まで叶わない? アルピーヌF1が掲げる「100レースプロジェクト」とは?byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】…

続きを読む

2021/10/17

マクラーレンF1:ジェームス・キーが振り返る破綻していたチーム状況

マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーが、自身が加入した際の破綻していたチーム状況を振り返った。

ホンダF1とのパートナーシップが最終年である2017年、マクラーレンは、最下位を逃れるための戦いをしていた。パフォーマンスと信頼… 続きを読む…

続きを読む
広告

2021/10/17

アニメ「風都探偵」翔太郎とフィリップ描いたティザービジュアル公開

石ノ森章太郎・三条陸・佐藤まさき原作によるアニメ「風都探偵」のティザービジュアルが公開された。

続きを読む

2021/10/17

「ホンダ内でF1撤退を巡って意見は割れていた」とアルファタウリF1代表

アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、ホンダ内でF1撤退について意見が割れていたと明かす。

ホンダは今シーズン限りでF1から撤退するが、知的財産権を譲渡するレッドブル・パワートレインズの裏方として2022年も舞台裏でF1活動を継続する。
… 続きを読む…

続きを読む
広告

2021/10/17

エンジンの異音に悩み、対策を進めるメルセデスF1。ハミルトンは「僕が心配しても仕方ない」と冷静

 メルセデスF1チームはパワーユニット(PU)に懸念を抱えていることを認めているが、ルイス・ハミルトンはそれを心配することにエネルギーを使うことを避け、自分の仕事に集中しようとしている。

 第16戦トルコGPでメルセデスはハミルトン車のパワーユニットにシーズン4基目のICE(エンジン)を入れ、規則で決められた制限数を超えたため、ハミルトンは10グリッド降格ペナルティを科された。

続きを読む

2021/10/17

フェラーリF1、No.”24”のSF21をアンベイル…ルクレールの誕生日祝う

スクーデリア・フェラーリはノーズにカーナンバー「24」を付けたSF21をアンベイルし、10月16日に”24歳”の誕生日を迎えたシャルル・ルクレールを祝った。 事前に意味深な予告ツイートを発していた事から、10月17日に4 […]
フェラーリF1、No.”24”のSF21をアンベイル…ルクレールの誕生日祝うbyF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】…

続きを読む
広告

2021/10/17

フェラーリF1 「アップグレード版エンジンの導入はリスクだった」

フェラーリF1は、最近のレースでアップグレードされたF1エンジンを導入することにはいくつかのリスクがあったと認めるが、現在、その利点は疑いの余地のないものとなったと語る。

フェラーリF1は、今シーズン後半まで新しいハイブリッドシステムの導入を見送り、2… 続きを読む…

続きを読む

2021/10/17

アルファロメオF1の“悪ふざけ”はオスカー・ピアストリに有利に運ぶ?

元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、2022年のアルファロメオF1の2つ目のシートを取り巻く“シェナニガン(悪ふざけ)”が、彼のマネジメントを担当するオスカー・ピアストリのシート獲得に有利に運ぶ可能性があると語る。

2022年、アルファロメオF1は、引退するキ… 続きを読む…

続きを読む
広告

2021/10/17

レッドブルF1に選ばれなかったガスリー「僕にはチャンスを与えられる資格があった」と落胆も、希望を捨てず

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、自分の目標は将来レッドブル・レーシングに復帰することであることに変わりはないと改めて語った。ガスリーは2022年、アルファタウリへの残留が決まり、レッドブルへの昇格はかなわなかったが、落胆がモチベーションに影響するようなことはないと言う。

 ガスリーは2019年にトロロッソ(現アルファタウリ)から姉妹チームのレッドブルに昇格されたが、首脳陣が満足するパフォーマンスを発揮できず、シーズン半ばでトロロッソに戻された。しかしそれ以来、ガスリーの調子は上向き、2019年ブラジルGPでは2位表彰台、2020年イタリアGPでは初優勝を挙げ、今年もアゼルバイジャンで3位表彰台を獲得と、しばしば期待を超える働きをしている。

続きを読む
広告

2021/10/16

レッドブルF1代表 「独自のF1エンジンプログラムは興味深い成長をもたらす」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・パワートレインズでの独自のF1エンジンプログラムはチームにとって興味深い成長をもたらすと考えている。

ホンダのF1撤退により、レッドブル・パワートレインズが2022年からホンダのF1パ… 続きを読む…

続きを読む

2021/10/16

「ゾンビランドサガ リベンジ」ファンブックは来年2月発売、裏表紙イラスト公開

TVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」のファンブックの発売日が2022年2月14日に決定。併せて3DCGディレクターを務めている黒岩あい描き下ろしの裏表紙イラストが公開された。

続きを読む

2021/10/16

映画トロプリ舞台挨拶、ファイルーズあいが松本まりかに“トロピカってる”をアドバイス

「映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!」の完成披露舞台挨拶が、本日10月16日に東京・ユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、キャストのファイルーズあい、日高里菜、花守ゆみり、石川由依、瀬戸麻沙美、ゲスト声優の松本まりかが登壇した。…

続きを読む
広告

2021/10/16

「ゆるキャン△」鍋を手にしたなでしことリンのフルグラTシャツ、ブランケットも

あfろ原作によるTVアニメ「ゆるキャン△」のフルグラフィックTシャツと起毛ブランケットが、通販サイト・きゃらON!で12月10日に発売される。

続きを読む

2021/10/16

「劇場版SAO」過酷なデスゲームの世界が描かれた映像公開、舞台挨拶や物販情報も

「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」より、「公開直前映像」の「世界編」が公開された。

続きを読む

2021/10/16

リカルド感激、優勝のご褒美が実現。憧れていたレジェンドのNASCARマシンをドライブへ

 今季からマクラーレンに移籍したダニエル・リカルドは、F1第14戦イタリアGPで優勝。チームに2012年の最終戦ブラジルGP以来となる勝利をもたらした。 彼がルノーに所属していた昨年、彼が表彰台を獲得したら当時のチーム代表であるシリル・アビテブールにタトゥーを入れるという賭けをし、見事にその条件を達成したことは大きな話題になった。アビテブールのチーム離脱やコロナ禍の影響もあり、まだそれは実現していないようだが、彼はマクラーレン移籍に伴い、CEOのザク・ブラウンともある賭けをしていた。 アビテブールの…

続きを読む
広告

2021/10/16

メルセデスF1首脳 「W12の開発を早期にストップした心配は和らいだ」

メルセデスF1は、最近の勝利によって、今季マシン『W12』の開発を早期にストップして2022年F1マシンの開発に切り替えるという決定がパフォーマンス低下を引き起こす可能性があるという懸念は和らいだと語る。

F1チームは、今シーズンのマシンへの作業と、新しいレ… 続きを読む…

続きを読む

2021/10/16

ペナルティ”一貫性”へのアロンソの皮肉、スチュワードにはノーダメージ? 「ルールは全員に平等」

 FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシは、フェルナンド・アロンソから裁定の一貫性について批判されている件について反論。ルールは平等に適用されていると語った。 アロンソがペナルティとその裁定の一貫性について批判したのは、F1第15戦ロシアGP終了後の事。彼はロシアGP1周目に、ターン2で本コースを通らずエスケープゾーンを通過した。FIAはアロンソがこの動きによってアドバンテージを得ていないとして、最終的には何の措置も取らなかったものの、ポジションを落とすことなくコースに復帰したアロンソの…

続きを読む
広告

2021/10/16

【スーパーフォーミュラ】“予測不可能”なコンディションが好調福住を翻弄……予選Q2敗退に「どんな状況でもトップに立たないと」

 ツインリンクもてぎで行なわれた2021年スーパーフォーミュラ第6戦の予選は、近年稀に見る難しいコンディションとなった。 曇り空でスタートしたセッションはQ2のグループAからウエット宣言が出された。しかしその雨量はさほど多くはなく、ドライタイヤとウエットタイヤどちらで走るのか悩むような絶妙なコンディション。全車はまずドライタイヤでコースに出たが、結果的には途中でウエットタイヤに交換した大湯都史樹(TCS …読み続ける…

続きを読む
1 2 3 4 5 296