F1NEWSの記事一覧

2021/01/24

F1オーナーのリバティ・メディア、さらなる買収を計画? 500億円以上の資金を調達へ

 F1のオーナー企業であるリバティ・メディアは、リバティ・メディア・アクイジション・コーポレーション(LMAC)という名の子会社を設立。1月22日(金)にナスダック証券取引所に上場したようだ。 この新会社は、特別買収目的会社(SPAC)と呼ばれるモノ。その名の通り、買収を目的に設立された会社で、市場から資金を調達して未公開会社の買収を行なう。LMACの資金調達は5千万株を初値10ドルで売却することで行なわれる。 LMACはリバティ・メディアCEOのグレッグ・マフェイが率いることになる。リバティ・メデ…

続きを読む

2021/01/24

ハイパーカーのレースはLMP1時代と大きく違う? コンウェイ「追突される恐怖はなくなる」

 2021シーズンからFIA世界耐久選手権(WEC)に新たに導入されたLMH(ル・マン・ハイパーカー)規定のニューマシン、『GR010 HYBRID』を発表したTOYOTA GAZOO …読み続ける

続きを読む
広告

2021/01/24

セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンは以前のものとは非常に異なる」

レッドブルF1に加入したセルジオ・ペレスは、2021年シーズンの開始にむけて準備を進めるなかで、新しいチーム、そして、シミュレーターで走らせた“これまでとは慣れてきたものとは非常異なる”レッドブルのF1マシンに素早く適応する必要があることを認識していると語… 続きを読む…

続きを読む

2021/01/24

キャミア、度重なる怪我でモチベーション減退。マネジメント転向の一因に

 2010年からスーパーバイク世界選手権への参戦を続けてきたレオン・キャミアは、今年新たにホンダWSBKのチームマネージャーへ就任。その裏には近年の多くの怪我が要因として存在したという。Read …読み続ける…

続きを読む

2021/01/24

ハース、チームを牽引したグロージャンは「キャリアにふさわしい評価がなされていない」

 ハースF1チームは2020年10月、2021年シーズンに向けてドライバーラインアップを一新することを発表。これにより、F1チーム創設から5シーズンにわたってハースに所属してきたロマン・グロージャンが、チームを離れることになった。 そのグロージャンはバーレーンGPのオープニングラップに、マシンが炎上する激しいクラッシュに見舞われた。幸い命に別状はなかったものの、このクラッシュで手を火傷したグロージャンは、シーズン最後の2レースを欠場。不本意な形でチームを去ることになってしまった。 将来的にはインディ…

続きを読む
広告

2021/01/24

角田裕毅、アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーとして本格始動

角田裕毅が、イタリア・ファエンツァにあるチームのファクトリーを訪れ、アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーとして本格的に始動した。

ホンダとレッドブルの育成ドライバーである角田裕毅は、2021年にアルファタウリ・ホンダでF1デビュー。日本人ドライバーと… 続きを読む…

続きを読む

2021/01/24

Jerez January testing

さらに写真を見る

続きを読む

2021/01/24

F1の将来の形はどうなっていくのか? F1の商業戦略責任者に訊く

 F1ファンの皆さんは、ヤン・ガンガクマランという人物の名前を聞いたことがないだろう。しかし彼は、F1の将来に大きな影響力を持っている人物だ。 彼はF1の戦略および事業開発のディレクターを務めており、現在のCEOであるチェイス・キャリー、そして次期CEOのステファノ・ドメニカリと協力して、F1の長期的な将来の方向性を定めることが主な仕事なのだ。Read …読み続ける…

続きを読む
広告

2021/01/24

フェラーリ、サインツJr.やFDA勢計7人がテスト参加。昨年F2王者争いのアイロットも

 フェラーリは1月末に、フィオラノ・サーキットでプライベートテストを実施する予定となっているが、そこではカルロス・サインツJr.以外にも育成ドライバーを含め計7人が参加することが明かされた。 21日(木)、motorsport.comはフェラーリにセバスチャン・ベッテルの後任として加入するカルロス・サインツJr.が、プライベートテストで初めてフェラーリのF1マシンを走らせる予定であることを報じた。 プライベートテストではレギュレーションによって最新型のマシンは使用できないため、2018年のマシンSF…

続きを読む

2021/01/24

WRCモンテカルロ3日目:トヨタがトップ3独占。オジェがエバンスを13秒リード

 WRC開幕戦、伝統のラリー・モンテカルロは競技3日目までを終え、TOYOTA GAZOO Racing …読み続ける

続きを読む
広告

2021/01/24

Rallye Monte-Carlo: Highlights Stage 10

With a flawless Saturday afternoon, Sébastien Ogier moved another step closer to creating Monte history.

続きを読む

2021/01/24

Rallye Monte-Carlo: Highlights Stages 8-9

With Ott Tänak left to limp into midday service, the door was open for the Toyota Gazoo Racing trio of drivers to attack on Rallye Monte-Carlo SS8 and SS9.

続きを読む
広告

2021/01/24

ホンダF1、2022年型F1エンジンの前倒しに込めた決意

ホンダF1にとって2021年のF1世界選手権は最後のシーズンとなるが、開発のすべてをストップさせるわけではない。ホンダF1のスタッフはストーリーがまだ完了していないと感じており、2022年に導入を予定していたF1パワーユニットを前倒しで投入する。

2021年シーズ… 続きを読む…

続きを読む

2021/01/24

ここにも新型コロナの影響? マシンのコードネームが連続しない”ワケ”

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、F1は大きな影響を受けた。カレンダーの大幅見直しや感染拡大防止プロトコルの導入の他、当初2021年に導入されるはずだった新たなレギュレーションが先送りされ、2020年のシャシーがもう1年使われることになったのだ。Read …読み続ける…

続きを読む

2021/01/24

ロイ・ニッサニー、2021年もウィリアムズF1のテストドライバーを継続

ロイ・ニッサニーは、2021年もウィリアムズF1の公式テストドライバーを継続し、プレシーズンテストで新車をドライブする。

昨年、ウィリアムズF1のテストドライバーに就任したロイ・ニッサニーは、スペイン、イタリア、バーレーンでフリー走行1回目に出走。ポスト… 続きを読む…

続きを読む
広告

2021/01/24

メルセデスF1、20年にわたり使用されたファクトリーのレース部門を改修へ

 メルセデスF1チームは、ブラックリーに位置するファクトリーのレース部門を最新鋭のものへと改修する作業を進めている。

“レース・ベイ”と呼ばれるこのエリアは、1999年からブリティッシュ・アメリカン・レーシング、ホンダ、ブラウンGPの時代を経て、使用されてきた。ホンダワークスチームの撤退後、チームを引き継いだロス・ブラウンは、ジェンソン・バトンとともに2009年にドライバーズおよびコンストラクターズ選手権を制し、翌年チームはメルセデスに売却された。メルセデスはその後、F1において新たな高みへと登りつめ、2014年から連続して7度のコンストラクターズおよびドライバーズ選手権タイトルを獲得している。

続きを読む

2021/01/24

フェラーリ若手育成プログラムに初の女性メンバー。FIA女性ドライバー支援プロジェクト初代優勝者の16歳カーター

 フェラーリの若手育成ドライバープログラムであるフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)は、初の女性メンバーとして16歳のマヤ・ウィーグの加入を発表した。ウィーグは、FIAが立ち上げた女性ドライバー発掘のための『FIAガールズ・オン・トラック-ライジングスターズ』プログラムを通して選出された。

 FIAウィメン・イン・モータースポーツ委員会は、12歳から16歳の女性がプロドライバーとしてのキャリアをスタートするためのサポートを行うことを目的とし、2020年にFDAとの協力のもとで『FIAガールズ・オン・トラック-ライジングスターズ』を立ち上げた。FIAはこのプログラムを通して、モータースポーツにおける性別多様性の推進に取り組んでいく。

続きを読む

2021/01/24

角田にテスト“お膳立て” アルファタウリ開幕前に2度計画

 アルファタウリ・ホンダは、今季デビューする角田裕毅(20)のため、開幕前に2度のテストを行う計画だ。

 イタリアのチーム本拠地から約15キロのイモラサーキットで、前身トロロッソ時代の2018年型車「STR13」を計4日間、ドライブする予定。開幕前の合同テストが3日間しかないため、少しでも多く走…

続きを読む
広告

2021/01/24

バトン、古巣ウィリアムズ復帰 シニアアドバイザーに就任

 ウィリアムズは22日、シニアアドバイザーとして、元F1王者ジェンソン・バトン(41)と複数年契約を結んだと発表した。

 多くのグランプリに同行してドライバーにアドバイスするほか、育成ドライバーへの助言やマシン開発のサポートなどを行う。英スカイスポーツでF1のテレビ解説の仕事も続けるという。

続きを読む

2021/01/24

跳ね馬初の女性育成ドライバー契約 16歳マヤ・ウーグ

 フェラーリは23日、育成アカデミー(FDA)に初の女性ドライバーとして、マヤ・ウーグ(16)=オランダ=が加入したと発表した。ドライバーの多様性を確保するため、昨年から国際自動車連盟(FIA)と協力して女子の選考テストを行っていた。

 ウーグは「本当にうれしい。レーシングドライバーになる夢を追…

続きを読む

2021/01/24

フェラーリ、フィオラノでルクレールやサインツ、シューマッハ含む総勢7名による合同テストを実施

スクーデリア・フェラーリは2021年シーズンのF1バーレーンGP開幕を前に、育成傘下のドライバーを含めた総勢7名による合同テストを1月25日(月)から29日(金)までの計5日間に渡ってお膝元フィオラノ・サーキットで実施す […]
フェラーリ、フィオラノでルクレールやサインツ、シューマッハ含む総勢7名による合同テストを実施byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】…

続きを読む
広告
1 2 3 4 5 294