F1NEWSの記事一覧

2020/07/14

レッドブル・ホンダ、ハンガリーではチャンスあり? 「メルセデスが速いのは直線」

 レッドブルは、ホームコースとも言えるレッドブルリンクで行なわれたオーストリアGPとシュタイアーマルクGPで、優勝を争えると考えていた。しかし結局はメルセデスが速さを見せ、開幕戦ではバルテリ・ボッタスが、第2戦ではルイス・ハミルトンがそれぞれ勝利を収めた。 レッドブルは、第2戦でマックス・フェルスタッペンが3位、アレクサンダー・アルボンが4位に入ったものの、開幕戦はダブルリタイア。しかも、メルセデスには大きな差をつけられる結果で、フェルスタッペンは「メルセデスと戦うには遅すぎる」と語った。Read …

続きを読む

2020/07/14

バード、FE初年度から6季所属したヴァージンを今季限りで離脱。来季はジャガーに

 フォーミュラE発足の2014-2015シーズンから一貫してヴァージンの一員として同シリーズを戦ってきたサム・バード。彼は今季限りでヴァージンを離れ、来たるシーズン7(2020-2021シーズン)に向けてジャガーと契約したことが明らかとなった。Read …読み続ける…

続きを読む
広告

2020/07/14

バード、FE初年度から6季所属したヴァージンを今季限りで離脱。来季はジャガーに

 フォーミュラE発足の2014-2015シーズンから一貫してヴァージンの一員として同シリーズを戦ってきたサム・バード。彼は今季限りでヴァージンを離れ、来たるシーズン7(2020-2021シーズン)に向けてジャガーと契約したことが明らかとなった。Read …読み続ける…

続きを読む

2020/07/14

レッドブルにとっても、レーシングポイントは驚異。ホーナー代表「印象的なペースだ」

 今季驚異的な速さを見せている”ピンク・メルセデス”ことレーシングポイント。そのペースにはほとんどのチームが心配するべきだと、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが語る。 2020年F1第2戦シュタイアーマルクGPで優勝したのは、メルセデスのルイス・ハミルトンだった。しかし最大の注目を集めたのは、レーシングポイントのセルジオ・ペレスだったかもしれない。Read …読み続ける…

続きを読む

2020/07/14

レッドブルにとっても、レーシングポイントは驚異。ホーナー代表「印象的なペースだ」

 今季驚異的な速さを見せている”ピンク・メルセデス”ことレーシングポイント。そのペースにはほとんどのチームが心配するべきだと、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが語る。 2020年F1第2戦シュタイアーマルクGPで優勝したのは、メルセデスのルイス・ハミルトンだった。しかし最大の注目を集めたのは、レーシングポイントのセルジオ・ペレスだったかもしれない。Read …読み続ける…

続きを読む
広告

2020/07/14

ハミルトンとボッタスのメルセデス残留はほぼ確定か

2020年のF1シーズン開幕戦オーストリアGPではバルテリ・ボッタス(メルセデス)が、そして第2戦シュタイアーマルクGPではルイス・ハミルトン(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンを達成し、今季も最強チームにふさわしいスタ […]…

続きを読む

2020/07/14

サインツはフェラーリとの契約を後悔?

かつてレッドブルに所属していた元F1ドライバーのロバート・ドーンボスは、カルロス・サインツ(マクラーレン)は2021年にフェラーリへ移籍することにしたのを後悔しているかもしれないと考えている。 2019年には王者メルセデ […]…

続きを読む

2020/07/14

企画『eスポーツを知る』第5回:グランツーリスモが見据える、“次のステージ”

 新型コロナウイルス蔓延に伴う活動自粛期間、世界中の様々なモータースポーツカテゴリーでオンラインシミュレータを用いたバーチャルレースイベントが開催され、実際にサーキットを走れないプロドライバーたちが参戦して熱戦を見せてくれた。リアルレースのトップドライバーたちがバーチャルレースでも非凡な才能を示すことに驚いたファンも少なくないだろう。 そもそも、プロドライバーたちのうち少なからぬ数は、何らかのパーソナルシミュレータを自宅や事務所に導入して日常のトレーニングに使っており、リアルレースとバーチャルレース…

続きを読む
広告

2020/07/14

レッドブル・ホンダF1 「誰もがレーシング・ポイントを警戒している」

レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、グリッド上の全チームがレーシング・ポイントの“ピンクメルセデス”のスピードを警戒する必要があると語る。

プレシーズンテストからその速さが注目を集めていたレーシング・ポイントは、第2戦… 続きを読む…

続きを読む

2020/07/14

レッドブル代表、メルセデスに“完敗”もドライバーふたりの走りを称賛

 2020年シーズンのF1開幕戦オーストリアGPでは2台揃ってトラブルに見舞われ、ノーポイントとなっていたレッドブル・ホンダ。第2戦シュタイアーマルクGPではそのリベンジを期して臨んだが、メルセデスの牙城を崩すことはできず、マックス・フェルスタッペンが3位、アレクサンダー・アルボンが4位に終わった。Read …読み続ける…

続きを読む
広告

2020/07/14

ホンダF1:第2戦 F1シュタイアーマルクGP 決勝レポート

レッドブル・リンクでの2週連戦となった第2戦F1シュタイアーマルクGPで、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが3位表彰台に登壇。ホンダのF1エンジン搭載車は、4台中3台がポイントを獲得した。

レッドブル・ホンダF1は、フェルスタッペンが2番手、… 続きを読む…

続きを読む

2020/07/14

ハンガロリンクの天気予報:F1ハンガリーGP

Hungaroring weather forecast: 2020 F1 Hungarian GP

続きを読む

2020/07/14

レーシングポイント、マシンの合法性を確信「ルノーの抗議は誤解によるもの」

 F1第2戦シュタイアーマルクGP終了直後、同GPを6位と7位で終えたレーシングポイントに対してルノーが抗議を提出した。しかしながら、レーシングポイント側はそれに反発する姿勢を見せている。 昨年のメルセデスのマシン『W10』に酷似していると言われてきたレーシングポイントRP20だが、ルノーは抗議の理由として、RP20のフロントとリヤのブレーキダクトのデザインがメルセデスと似ている点を指摘している。Read …読み続ける…

続きを読む
広告

2020/07/14

フェラーリ復調には「長い道」が待っているとロス・ブラウン

フェラーリが現状を打破するための手っ取り早い解決策があるわけではないとF1のモーターレース部門を統括するロス・ブラウンが警告している。

続きを読む

2020/07/14

ハース、タイヤマネジメントの”持病”は治ったものの……「今年は簡単な年にはならない」

 ハースF1チームのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、F1第2戦シュタイアーマルクGPで入賞することができなかったものの、チームが昨年苦しめられたタイヤマネジメントの面で問題が発生することはなかったようだ。 F1開幕戦では、ブレーキトラブルによって2台ともにレースをリタイアしてしまったハース。第2戦は開幕戦と同じレッドブルリンクでレースが行なわれたが、ブレーキトラブルが再発することはなく、マグヌッセンが12位、グロージャンが13位でレースを完走した。Read …読み続ける…

続きを読む
広告

2020/07/14

トロフィー授与ロボットはやりすぎ? ハミルトン「みんな検査受けてるのに」

 先週レッドブルリンクで開幕し、同サーキットでの2連戦を終えた2020年シーズンのF1。新型コロナウイルスの影響で開幕時期が大きく遅れたわけだが、感染拡大が完全に収まったわけではない状況で開幕させるにあたって、様々な”新しい様式”を取り入れ、感染拡大を防止する策が採られた。Read …読み続ける…

続きを読む

2020/07/14

マックス・フェルスタッペン、メルセデスに敗北も「後続との差は衝撃的」

レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1シュタイアーマルクGPでのメルセデスに対抗できなかったものの、後続とのギャップの大きさ“衝撃だった”とレース後の記者会見で語った。

優勝したルイス・ハミルトンの隣の2番グリッドからスタートしたマッ… 続きを読む…

続きを読む
広告

2020/07/14

【気になる一言】「暑くなればチャンスはある」ハンガリーGP決勝は晴れ予報。レッドブル・ホンダの今季初優勝なるか

 2台そろってリタイアに終わった開幕戦から1週間。第2戦シュタイアーマルクGPで2台とも完走を果たしたレッドブル・ホンダ。マックス・フェルスタッペンが今シーズン初表彰台を獲得し、チームメートのアレクサンダー・アルボンは昨年の日本GP以来となる自己最高位タイの4位入賞を果たした。

 しかし、レース後の会見に登場したクリスチャン・ホーナー代表は終始、苦虫を噛みつぶしたような表情だった。それは優勝争いを演じることなく、メルセデスの前に完敗したからだった。

続きを読む

2020/07/14

台本・ERS・カルチャー…勝ち目はなかった?レッドブル・ホンダ対メルセデス、完敗した3つの理由

過去2年連続のレッドブルリンク・ウィナー。史上最年少F1ワールドチャンピオン獲得に向けて、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンが開幕2連戦でランキングリーダーに立ち、メルセデスに対して一気にリードを広げるのでは […]
台本・ERS・カルチャー…勝ち目はなかった?レッドブル・ホンダ対メルセデス、完敗した3つの理由byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】…

続きを読む
広告

2020/07/14

ルノーが抗議! レーシングポイントとメルセデスのブレーキダクトの類似性とは?

 レーシングポイントが2020年シーズン用に開発したマシン”RP20”。しかしこのマシンは、プレシーズンテストに登場して以来、昨年型のメルセデスのF1マシン”W10”に酷似しているのではないかとして、多くのチームが不満を漏らしていた。Read …読み続ける…

続きを読む
1 2 3 4 5 268