【F1】セルジオ・マルキオンネ氏死去 伊フィアットを再建

 

フェラーリの会長兼CEOを務めていたセルジオ・マルキオンネが死去した。享年66歳。

今月、セルジオ・マルキオンネは右肩の手術を受け、医療休暇を取っていた。しかし、今週になって合併症で塞栓症を患い昏睡状態に陥っていたと報じられていた。

7月21日(土)フェラーリはセルジオ・マルキオンネが実務を続行することが不可能な状態だと判断。新会長にジョン・エルカン、CEOにルイス・キャリー・カミッレーリを指名していた。

そのわずか4日後、フェラーリは声明を発表。「残念ながら、我々が恐れていたことが起こってしまいました。偉大な人物であり、友人でるセルジオ・マルキオンネがこの世を去りました」とジョン・エルカンは述べた。ジョン・エルカンは、フィアット創業家出身で名誉会長を務めたジャンニ・アニェッリの孫にあたる。

個人的には

アルファロメオをザウバーのタイトルスポンサーとしてF1に復帰させた。ドライバー選定にも熱心な関心を持っており、シャルル・ルクレールのフェラーリ昇格を推していたとされている

これが気になる。

たしか、ドイツGPのフジNEXTでの放送中に、川井ちゃんが言っていたけど、ライコネンファンには朗報ってことだけど、たしかに、ルクレールの昇格は今季は無くなりそうだし、2020年まではこベッテル/ライコネンの体制を維持するのではないでしょうかね。すくなくても、ライコネンが辞めるって言いだすまでは維持して、その間にザウバーへの支援を厚くして、ルクレールを育てるのではないでしょうか。

そうなると、ジョビナッチはどうするのでしょうかね。フェラーリにのるイタリア人ドライバーは見てみたいのですけどね。

フェラーリ前会長のセルジオ・マルキオンネが死去

セルジオ・マルキオンネ氏死去 伊フィアットを再建