【F1】サウジアラビアGPの後でハミルトンが語ったセリフの違和感

 

「ルールが違う相手と戦うのは・・・」

これは、フェルスタッペンのドライビングスタイルを揶揄しているセリフで、”フェルスタッペンだけは違うルールで運営されている”と、フェルスタッペンが考えていて、乱暴で攻撃的なドライビングをしている。自分は完全に被害者だと印象を植え付けるセリフなのだろうが、少しだけハミルトンは考えた方がいい。

日本語訳の問題の可能性も否定できないが、上記のセリフをレース前にいうのなら、よかったがレース後にいうセリフではなかった。

ドライビングに関して、2つのインシデントをフェルスタッペンは受けている。そして、合計で15秒のタイムペナルティを受けている。ハミルトンが後ろから追突したことを言っているのかもしれないが、フェルスタッペンが順位を交換するために原則したのだと、メルセデスから知らされていなかった。レースコントロールからは、レッドブルには順位の入れ替えが通知されていた。フェルスタッペンの責任ではない。完全に責任がないとは言わないが、”違うルール”でドライビングしている雰囲気は一切ない。

フェルスタッペンやレッドブルはルールブックの適用を行うレースコントロールに従っている。ルールが違う相手ではない。ルールが適用される相手だ。言葉を意味通りに受け取ると、相手はルールの適用範囲内に居るのに”ルールが違う”と言っていることになる。

ハミルトンの意図は、”ルールを無視するような相手”という事なのだろう。”ルールが違う”では意味が違ってくる。穿った見方をしてしまうと、自分たちのルールとは違う。あいつらのルールは自分たちには適用されないと言っているようにも思えてしまう。