【NEWS】意識混濁も議員辞職できず 維新・片山氏、悩む家族

 

意識混濁も議員辞職できず 維新・片山氏、悩む家族

まず、意識混濁の体調不良の片山氏が回復することを祈っております。ご家族の心労は、測り知れないことでしょう。

そして、参院が”議員辞職”を認めないのも、歳費を払い続けるのも、当然だと思っています。今は、それが”ルール”なのです。

これで問題になるがの、同じ議員が言っていることが違う事です。”ルール”は、”ルール”で守るべき物で、守らなければならない人たちが、”融通が利かない”とか言っていることが問題だと思えます。”ルール”に融通を求めるのは、”ルール”を策定・考える人たちではなく、ルールを押し付けられた人たちであるべきなのです。

特に、おかしいと思うのが、同じ維新に属している議員たちです。議員辞職勧告を提出してもいいでしょう。勧告決議が通っても、辞職の意思を決めるのは、本人です。したがって、辞職は不可能ですが、そのあとのプロセスとして、家族が気にしている歳費を停めることは、できるのではないでしょうか?

懲罰にかけて、登院停止処分にすればいいのではないだろうか?他の党が行うのは、角が立つ可能性もあるが、同じ維新が行うのなら、問題は維新内部の事になる。

本当に、風見鶏にもなられない維新らしい態度です。

開発に関してや、時事ネタ。F1関連の戯言を呟いています。
小説アカウントでは、宣伝をメインに積読本や購入予定の書籍を呟いています。