【2022F1】バーレンGP決勝予想

 

今年も開幕しました。

予選を見ただけで、去年とは違う予感がしています。そこで、決勝予想もブログで書いてみようと思い立ちました。

■予選順位:F1バーレーンGP
1 C.ルクレール(フェラーリ)
2 M.フェルスタッペン(レッドブル)
3 C.サインツ(フェラーリ)
4 S.ペレス(レッドブル)
5 L.ハミルトン(メルセデス)
6 V.ボッタス(アルファロメオ)
7 K.マグヌッセン(ハース)
8 F.アロンソ(アルピーヌ)
9 G.ラッセル(メルセデス)
10 P.ガスリー(アルファタウリ)
11 E.オコン(アルピーヌ)
12 M.シューマッハ(ハース)
13 L.ノリス(マクラーレン)
14 A.アルボン(ウィリアムズ)
15 G.チョウ(アルファロメオ)
16 角田裕毅(アルファタウリ)
17 N.ヒュルケンベルグ(アストンマーティン)
18 D.リカルド(マクラーレン)
19 L.ストロール(アストンマーティン)
20 N.ラティフィ(ウィリアムズ)

予選やFP1/FP2/FP3の様子から、HONDAファンが予想しています。あっ赤い跳ね馬も好きです。

決勝は、ポーポシングを押さえ切ったチームが勝利しそうな感じに思えます。予選の日。FP3では軽いタンクでのアタックが多く、抑えられていたようには思えましたが、一度だけラッセルだと思うのですが、重そうなマシンで出た時に、やはりポーポシングが出ていました。

決勝は、110キロの燃料が積まれています。車高を下げてしまって、ストレートの終盤でひどい状態になってしまう可能性がある。

振動が少ないのは、フェラーリーとレッドブルでは振動はレッドブルのほうが少ない。FP2でのロングランは、MAXがかなりのアドバンテージを持っているように思えた。フェラーリーはロングランに自身があるからやらなかったのか?

決勝の予想

1)M.フェルスタッペン(レッドブル)

2)S.ペレス(レッドブル)

3)C.サインツ(フェラーリ)

4)L.ハミルトン(メルセデス)

5)C.ルクレール(フェラーリ)

6)F.アロンソ(アルピーヌ)

7)V.ボッタス(アルファロメオ)

8)K.マグヌッセン(ハース)

9)E.オコン(アルピーヌ)

10)P.ガスリー(アルファタウリ)

 

開発に関してや、時事ネタ。F1関連の戯言を呟いています。
小説アカウントでは、宣伝をメインに積読本や購入予定の書籍を呟いています。