【雑感】F1 2021 テスト1日目

 

ドライバー チーム 最速タイム 周回数 タイヤ 補正タイム*1
33 マックス・フェルスタッペン レッドブル ホンダ 30.674 139 3 29.674
4  ランド・ノリス マクラーレン メルセデス 30.889 46 3 29.889
31 エステバン・オコン アルビーヌ ルノー 31.146 129 4 30.646
18 ランス・ストロール アストンマーティン メルセデス 31.782 46 3 30.782
55  カルロス・サインツ フェラーリ フェラーリ 31.919 57 3 30.919
99 アンドニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ フェラーリ 31.945 68 3 30.945
3  ダニエル・リカルド マクラーレン メルセデス 32.203 45 2 30.703
10 ピエール・ガスリー アルファタウリ ホンダ 32.231 74 3 31.231
22 角田裕毅 アルファタウリ ホンダ 32.727 37 2 31.227
44 ルイス・ハミルトン メルセデス メルセデス 32.912 42 2 31.412
16 シャルル・ルクレール フェラーリ フェラーリ 33.242 59 3 32.242
7 キミ・ライコネン アルファロメオ フェラーリ 33.742 63 3 32.742
5 セバスチャン・ベッテル アストンマーティン メルセデス 33.320 51 3 32.320
45  ロイ・ニッサニー ウィリアムズ メルセデス 34.789 83 3 33.789
9 ニキータ・マゼピン ハース フェラーリ 34.798 70 3 33.798
47 ミック・シューマッハ ハース フェラーリ 36.127 15 2 34.627
77 バルテリ・ボッタス メルセデス メルセデス 36.850 6 2 35.350
11 セルジオ・ペレス レッドブル ホンダ
63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ メルセデス
6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ メルセデス
14 フェルナンド・アロンソ アルビーヌ ルノー

*1) C5タイヤを基準として、タイヤ間のギャップを0.5秒として計算した。

チームで合算した結果を計算した結果です。タイムは、チーム内の最速タイムを補正タイムの平均です

チーム 周回数 タイム
レッドブル ホンダ 139 29.674
マクラーレン メルセデス 91 30.296
アルビーヌ ルノー 129 30.646
アストンマーティン メルセデス 97 31.551
フェラーリ フェラーリ 116 31.581
アルファロメオ フェラーリ 131 31.844
アルファタウリ ホンダ 111 31.229
メルセデス メルセデス 48 33.381
ウィリアムズ メルセデス 83 33.789
ハース フェラーリ 85 34.213

PUメーカで合算した結果

PUメーカ 周回数 平均 平均タイム
ホンダ 250 125.000 30.452
メルセデス 319 79.750 32.254
ルノー 129 129.000 30.646
フェラーリ 332 110.667 32.546

今年のF1が始まります。

テストなので、タイムには意味が無いことはわかっています。それでも、タイムが出ているので、調べてみたくなります。

レッドブルとマクラーレンとアルビーヌが長子が良さそうです。アストンマーティンも長子は良さそうですが、メルセデスPUを積んだチームの周回数の少なさが気になります。メルセデスはギアボックスのトラブルで午前中が走られなかったことを差し引いても、周回数が他のチームに比べて少ないです。

メルセデスPUを積んだ4チームの合計は319周です。午前と午後に分かれていることを考えて、8で割ると約40周です。ボッタス担当分を減算して考えても約45周です。他のチームは50周を軽く越えてきます。燃料系のトラブルがあったアルファタウリを含めるホンダPUでも60周を越えてきます。フェラーリも55周です。

ネットの投稿を見ていると、三味線とか言っていますが、テストで三味線を弾くのなら、重タンアタックとか最終セクターで速度を緩めるとか、新しいタイヤではロングスティントを行って、使い古したタイヤでアタックをするとかに鳴ってくると思いますが、周回数を重ねないのは”三味線”ではないと思えます。しかし、メルセデスのことなので、開幕までには調整して修正を行ってくるでしょう。去年のフェラーリのように急激に遅くなるとは考えにくいです。

まだテストの初日でエンジンモードの調整はしていないし、アタックもしていないと思います。テストプログラムを淡々とこなしているのだと思います。

2日目、3日目を消化して、バーレーンのFP1とFP2とFP3が終わって、Q1がスタートした時に、序列がどうなっているのか楽しみです。

1日目の状況だからメルセデスだけは別枠に置いたとして

トップ争いは、メルセデス/レッドブルに、マクラーレンが絡んできそうです。メルセデスだけがデータが無いので、蓋を開けてみれば、メルセデス無双が始まる可能性があるとは思いますが、3チームの主導権争いを期待したい。

2番手争いは、アルビーヌとアストンマーティンでほぼ確定では無いでしょうか?コースや天候条件によっては、トップに肉薄してもおかしくないと考えられます。

3番手争いは、フェラーリとアルファロメオとアルファタウリだと考えられます。

次に、ウィリアムズが続いてコースや他のチームの状況によって、ウィリアムズが3番手に入り込みそうな感じではないでしょうか?

最後は、何をしているのかよくわからないハースでテールエンダーが確定の様子です。

1日目の状況から、今年のルーキー・オブ・ザ・イヤーは角田が最有力候補になるでしょう。