【NEWS】猫お断り、歴史的建造物から追放で反対運動 クロアチア

 

猫お断り、歴史的建造物から追放で反対運動 クロアチア (msn.com)

住みついた野良猫を地元住民が保護したけど、戻ってきてしまう。だから、博文館の脇に猫(アナスタシア)の家を作った。それは、違法だと博物館側が撤去を命じた。

ドブロブニクの「独特の文化や歴史全般を、特に保護施設や住居設備の増設によって」改変することは何人たりとも許されないと主張

これだと、猫(アナスタシア)が住み着くのは問題ではない。住むための住居設備や保護施設を設置したのが問題だと言っているように見える。

博物館側の言い分の全文が解らないけど、アナスタシアは追放されていないように思えるのですが、記事が悪いの?

これと同じような話が日本で発生した場合にどうなるのか考えてみる。

文化財ではないが、観光資源として意味があり、歴史的にも貴重な建物に猫が住み着いた。

うーん。歓迎する未来しか見えてこない。

猫が嫌いな人もいるだろうけど、基本は保護して”観光資源の一つ”に使おうとするだろう。野良猫が1匹だけなら問題は少ない。保護して、見世物とは言わないけど、住居や餌を与えて、清潔にするだろう。猫が中に入り込むと問題になるような施設では、排除を試みるだろうけど、それでも、追放ではなく誰かが保護して連れて帰ることになるだろう。

開発に関してや、時事ネタ。F1関連の戯言を呟いています。
小説アカウントでは、宣伝をメインに積読本や購入予定の書籍を呟いています。