【F1】2023年に各セッションのタイヤを固定した予選フォーマットを試用

 

漏れ伝わる感じだと予選フォーマットではなく、タイヤの選択を萎める意味があるようだ

Q1をハード

Q2をミディアム

Q3をソフト

あまり意味があるようには思えない。

それなら、予選に入る時点でのタイヤをハード2/ミディアム2/ソフト3に固定して、決勝までこの本数で戦う義務にすればいい。下位に沈んだチームはタイヤが残る。上位チームはタイヤが残らない状況での戦いになり戦略が厳しくなる。10位と11位の問題もQ2タイヤ義務に比べれば小さい。決勝での戦略を考えれば、上位チーム以外はQ1とQ2をソフトで走って、Q3に入ったらハードを履いてタイムは出すが、10位かうまく行けば9位と考えて、ミディアムを残す戦略が取れる。決勝では、新品ミディアムと新品ハード又は中古のソフトで戦える。上位陣は、Q1かQ2をミディアムかハードで抜けなければ、Q3でのソフトが温存できない。どこかでタイヤを壊してしまったら、決勝でも辛くなってしまう。

タイヤでのサプライズを期待するのなら、このくらいはしてほしい。

開発に関してや、時事ネタ。F1関連の戯言を呟いています。
小説アカウントでは、宣伝をメインに積読本や購入予定の書籍を呟いています。